ESLの本:子供に教えるための教科書

by Kevin R Burns
(Kanagawa, Japan)


英会話松田 - ESLの本:子供に教えるための教科書





The Finding Out Series & The English Land Series


子供に教えるためのESL本、補助教材を2つ見つけました。David Paul著の「Finding Out」シリーズと Mari Nakamura& M.H. Newton(Longman Asia ELT)著の「English Land」シリーズです。 両シリーズは日本で広く試されていて、著者が日本の生徒のことをよく理解しているのが分かります。 Mari Nakamuraは、日本中で教師を教育する会議を行っています。彼女は活動的で、教育の記事を書いたり、 教師を教育したり、若い学習者の指導も行っています。また、金沢でEnglish Squareというスクールを運営しています。 さらに彼女はETJ Ishikawa グループのコーディネーターで、アストン大学で研究を行っています。




TEYL(若い学習者に英語を教えること)に関する研究も広く行っています。 「English Land」はとてもカラフルな様式で、本を通してディズニーキャラクターが組み込まれています。 日本の生徒が知っていて、愛されているキャラクターを使うことによって、子供たちに英語を学習するための 刺激を与えるのです。これらの本は、よりリアルな英語で構成されているので子供たちにも楽しんでもらえます。 David Paul著のThe Finding Outシリーズは、子供に読み方を教えるためにおすすめしたい本です。1度Finding Out 1を 習得した子供は、教科書や子供向けの簡単な童話まで、とてもたくさんの本を読めるようになります。 David Paulたちは、このシリーズにおいてたくさんの仕事を行っています。インターネット上には、皆が使えるように 公式と非公式の教材があるのです。




David Lisgoは、このシリーズの補助教材として作られた1つです。ケビンズイングリッシュスクールでは、6歳から11歳の生徒が 英語を始めるときに「Finding Out 1」を使います。Finding Out 1が終わると、生徒はたいてい読めるようになっています。 David Paulは、すばらしい仕事をしました。子供の心に入り込む教科書のシリーズを作り、楽しい方法でフォニックスを 教えるようにしたのです。Finding Out 1でフォニックスを習得した生徒は、次のシリーズのFinding Out 2、もしくは English Land 1、2に進みます。両シリーズにはカードが付属しています。Finding Outは小さいカードですがとてもカラフルです。




一方English Landのカードは大きめで、小さなポスターのようです。日本で子供を教えるのなら、両方の教科書のシリーズと カードシリーズを購入することをおすすめします。副教材に関しては、Finding Outならソフトウェアがあります。 ご存知でしょうが、このシリーズを使う第3者(教師)によって開発されたカードや教材を見つけることも出来ます。 無料のものと、有料のものがあります。David Paulは日本中で講義や講習会を行うなど、最善の支援をしてくれています。 ETJのオーナーやESL本、ETJ Activities at Yahoo Groupsを含め、いくつものフォーラムで積極的に活動しています。




English Landに関しては、インターネットで利用可能な教材があります。ですが、私はそれらを今のところ見つけることが できていません。これは新しいシリーズなので、第3者が教材を利用できるまでに時間がかかるでしょう。 日本の子供に教えるためにも、あなたがこの2つのシリーズを見つけられるだろうと確信しています。 これらのESLの本は、高く推奨されています!

Click here to post comments

Join in and write your own page! It's easy to do. How? Simply click here to return to Advice in Japanese.